治療内容


治療は全身を調整します。
ツボと経絡(ツボの流れ)を用いて調整します。それは、身体の働きを高めて、病気や怪我の治りを早めるためです。
病気、怪我が回後した後、健康維持の通院は体質、仕事の内容などに合わせて、週一回、または、月二回を目安にします。
精神的疲労(ストレス)もとれます。
自然界は四季によって生物に影響があります。
人間の身体も季節に影響されています。その影響される自然の働きで解かりやすい短いサイクルでは、月の溝ち欠け、潮の干満です。ゆえに、月に2回、4回が健康維持の治療になります。
指圧、マッサージと鍼の大きな違いは、指圧、マッサージは押して痛いツボを多く用います。鍼は痛くないツボも多く用います。また、ツボのある皮膚の表面、皮膚の下も金、銀、ステンレスの鍼で調整します。ゆえに、筋肉、靭帯、関節などの炎症症状(痛みで長引いているのは、神経痛の他は炎症が多い)にも良く効きます。